ご挨拶

『ようこそ“とうかさん”へ』

合掌

はじめまして、とうかさん圓隆寺の住職を務めています中谷康韻と申します。この度は、とうかさん公式ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。このお寺は、6月の大祭を始め、様々な行事を通じて信仰と文化を大切にしております。
また、全ての方にとって癒しと生きる活力が持っていただけるような寄り添う気持ちを大切にし、皆さんにとっての身近なお寺として、誰もが気軽に立ち寄れる場所を目指して参ります。

今後ともよろしくお願いいたします。

とうかさん圓隆寺 第20世 住職
とうかさん大祭 祭司  
中谷康韻

ご挨拶

『ゆかたの着始め、とうかさん』

「とうかさん大祭」は、約400年にわたって「稲荷大明神」を祭神として受け継がれてまいりました.

開山「日音上人」から、歴代祭司が継承されています。その伝統は、単なる型の継承ではなく、歴史の中でそのあり方が模索され、その時代に即した新たな息吹が注ぎ込まれることで、生きた祭り文化として伝えられてきました。

祭りは、楽しい賑わいをつくり、携わる皆様が楽しみ心を通わせることに、大きな意義があるといえるでしょう。

1945年8月6日、世界で初めての原爆が投下され、広島市の中心地は廃墟と化しました。
「とうかさん圓隆寺」には、いち早く檀信徒の皆さんや近所の人々が、お盆にはやぐらを調達し、ゆかたを着て、輪になって踊っている写真が残っています。
この祭りも、広島の文化のひとつとして先人たちの想いを胸に、大切に残していきたいと考えます。

このホームページをを通じて、「とうかさん」に対する関心を深めていただければ幸いに存じます。

とうかさん祭禮委員会 会長 
岸憲政